藤永さんイメージ

下関の田舎は、子育てに最高だ!

藤永 ダロさん(2009年 イギリスから移住)
マンチェスター大学コンピュータ工学科卒業。現在はプログラマーとして働いている。愛妻家で、下関の田舎で家族と幸せな毎日を送っている。

下関に移住したきっかけは?

日本の田舎に住みたかったから。
大学2年生の時の夏休みに日本語を勉強するために初めて来日しました。また日本に行きたいと思って、日本政府が主催するJETプログラムに応募しました。応募した時に希望欄に「田舎希望」にチェックを入れたら、下関市に行く事が決まりました。

藤永さんイメージ

今の仕事はどうやって見つけましたか?

友人を通して今の仕事を知りました。
日本に来てALTの仕事をしましたが、5年間の期限があり、4年目に入ってから次の仕事を考えはじめました。大学で専攻したコンピュータ工学を生かしたかったですが、そういう仕事は大きな都市に行かないとないと思って下関に残ることを諦めかけましたが、友達を通して菊川町の航空宇宙関連の仕事を知ることができました。

下関に移住して良かったことは?

家族で一緒に過ごす、ゆったりとした何気ない日常に幸せを感じることができます。
僕が住んでいる「豊田」は、田園風景が楽しめる下関の田舎です。でも、ちょっと運転して街に行けば、必要な物は全部揃えられるから、あまり困らない。また、移住したことで、下関に住んでいた妻と出会うことができました。奥さんが大好きです。

藤永さんイメージ

これからの人生設計や目標は?

子どもがたくさん欲しいです。
下関ではゆったり子育てを楽しめるので、子どもができる限りたくさん欲しい。あと、家のリフォームを完成させて、家庭菜園の腕も磨きたいです。

下関への移住を考えている皆さんへ

下関には宝石が隠れています。それは自分で探さないといけないのです。
そして、下関の田舎は子育てにとても良いです。家のリフォームや家庭菜園など、自分の手で作っていく喜びを感じたい人には下関に是非来て欲しいです。

藤永さんイメージ

関連インタビュー

  1. 高橋さんイメージ
  2. 菊地さんイメージ
  3. 増田さんイメージ

移住サポート

もっと知りたい下関

下関市職員募集
下関市地域おこし協力隊員募集

移住者のこえ

  1. 藤永さんイメージ
  2. 菊地さんイメージ
  3. 沖野さんイメージ
PAGE TOP
ページトップへ