猿渡さんイメージ

のどかな田園で田舎暮らしカフェ。

猿渡さんご夫妻(2009年 福岡から移住)
福岡から移住。福岡を中心に、隣接する地域で開業できそうな土地を探して菊川町へ移住。現在は菊川町でカフェを経営。

下関に移住したきっかけは?

自分達で作った野菜を使って飲食店を開こうと考えて。
市民農園で野菜づくりをするうちに、自分達で作った野菜を使って飲食店を開こうと考えるようになりました。
福岡を中心に、隣接する県を含め開業出来そうな土地を色々探した結果、「下関市菊川町」に理想的な場所がありましたので移住を決めました。

猿渡さんイメージ

なぜ下関市菊川町を選んだのですか?

野菜を作りながら飲食店を営むのに、理想的な場所。
田園と山が広がるのどかな場所で、隣との距離があるのも「周りを気にしなくて良い」ので重要なポイントでした。田舎でありながら、「下水道」が整備されているのも驚きでした。

下関に移住して良かったことは?

新鮮で美味しい野菜をふんだんに使えること。
自宅の周りは田園と山が沢山あり、のどかで気持ち良く過ごせています。それに隣との距離が結構ありますから、周りを気にしなくて良いですね。それと近くの農家から、時々ですけど我が家で作っていない野菜・果物や山で採れたタケノコなど頂いています。あと、町内に「道の駅」や「農産物直売所」がありますから、色々助かっています。

下関への移住を考えている皆さんへ

気候や風土などその土地によって色々違いますから、気になる土地が見つかったら四季を通じてリサーチされた方が良いかと思います。特にその土地の人達に気になることを直接聞いて確認したら良いですね。それと良く言いますけど、「郷に入っては郷に従え」ですね。こちらでは定期的に神社と公民館の掃除や地域内の缶拾いがあります。勿論、皆勤賞です。

関連インタビュー

  1. 増田さんイメージ
  2. 藤永さんイメージ
  3. 中村さんイメージ

移住サポート

もっと知りたい下関

下関市職員募集
下関市地域おこし協力隊員募集

移住者のこえ

  1. 藤永さんイメージ
  2. 沖野さんイメージ
  3. 菊地さんイメージ
PAGE TOP
ページトップへ