下関は子育てしやすい街。

松本 睦さん(岐阜出身。愛知からIターン)
就職を機に下関へ移住。現在イベント企画・音楽制作の仕事をこなすかたわら、『しものせき若者サポートステーション』『女性シゴト応援プラザ』にて就労支援に携わる。下関の子育て支援団体『ママブラスバンドいしんぴよぴよ隊』代表兼トレーナー。

下関に移住した理由は?

ひと言でいえば「海」です。
私は海がない岐阜県で生まれ育ちましたが、父に海釣りに連れて行ってもらってからというもの海が好きで、愛知の音大に通っていた学生時代も三重県や福井県などへ釣りやマリンスポーツをしに、よく出かけていました。
また、岐阜に住んでいたときに水害で2度車が水没した経験があることから災害が少ないことも決め手となりました。

下関のことを知ったのはテレビ局でアルバイトをしていた学生時代、下関に本社がある会社の方を、上司に紹介してもらったのがきっかけでした。就職先としては、ほかにも東京や名古屋、大阪などの会社から内定をいただいていましたが、瀬戸内海と日本海がある下関の魅力には及ばなかったのです。
それまで縁のなかった下関に釣り竿と3日分の着替えだけを持って移り住み、やがて下関出身の夫と出会って3人の娘に恵まれ、ママさんブラスバンド『いしんぴよぴよ隊』にも参加するようになるなど、今では周囲の人からも下関出身と思われるようになりました。

『いしんぴよぴよ隊』に参加してみてどうでしたか?

相談できる人ができました
私が『いしんぴよぴよ隊』に参加したのは長女が生まれて間もないころで、SNSで知って子供が小さくても音楽ができると思ったからでした。当時できたばかりの『いしんぴよぴよ隊』は、子供がいるので一般バンドの夜練習に参加するのは難しいというママさんの声で生まれました。昼間無理なく親子で音楽が楽しめて、ママ友も増え、育児の話などもみんなで気軽にできる、地元が遠くても近くに相談できる相手ができ、孤独な育児にならない、そんな場が持てるようになりました。おかげで昼間無理なく楽器がひけるようになっただけでなく、ママ友も増え、育児の話などもみんなで気軽にできるようになりました。

ところで、ブラスバンドというと楽器未経験の方や忙しいママさんなどには敷居が高いように思われがちです。しかし、『いしんぴよぴよ隊』は子育て支援のためのグループですので、「子供には楽器に触れさせたくて…」という方や「自分もなにか楽器を始めてみたくて…」と参加された方も少なくありません。
またコンサートでは、演奏ができない小さなお子さんメンバーでも楽しめるようステージ上で風船などを使った演出に一役買ってもらったり、コンサートを見に来ている子供たちがステージに上がって一緒に踊ったりなど、上手に演奏することよりも音楽を楽しむことが大切と考えて活動しています。ちなみに、安全に活動するために、団体保険に加入したり、子供用の楽器を用意したりしていますので、そういった点でも安心して活動を楽しんでいます。

移住した当時と変わったと思うことは何ですか?

子育て支援グループが増えました
『いしんぴよぴよ隊』は『下関市子育て支援ネットワークちゃいるどねっと』に登録している子育て支援団体です。設立当初は「親の都合で子供を振りまわして…」など否定的な声がないわけではありませんでした。しかし、子供たちが喜んで参加している様子がコンサートや市報などを通じて知られるようになるとそうした声も聞かれなくなり、参加者も練習拠点のある彦島だけでなく長府や新下関方面などから、親子あわせて100名が集まるようになりました。下関市の子育て政策課などで配られている『ちゃいるどねっとカレンダー』にも載っていますので、それを見た方から連絡をいただくこともあります。このカレンダーにはほかの子育て支援のグループも掲載されていますが、その数は以前よりも増えていますね。

下関への移住を考えている皆さんへ

下関に住むようになって感じているのは子育てしやすい街だということです。
私自身、下関に移住してきた一人ですが、今では『いしんぴよぴよ隊』のほか、下関市の子育て支援、女性就労支援のお手伝いなどもしています。
下関は子育てに関する補助や団体が多く、県外・市外から来られた方でも相談できる人が見つかりやすいのではないでしょうか。

関連インタビュー

  1. 増田さんイメージ
下関市職員募集
住まいる下関フェイスブックページ 開設しました
下関市移住特集記事
空き家バンク登録物件
下関市まる分かりマップ
下関市お試し暮らし

移住サポート

もっと知りたい下関

移住者のこえ

  1. 藤永さんイメージ
  2. 中村さんイメージ

関連サイト

下関市シティプロモーション公式サイトバナー
下関市公式観光サイト楽しも!バナー
PAGE TOP
ページトップへ