移住Q&A

Q1 移住と言っても・・・何から始めよう?

まず情報収集から始めましょう。最初は細かい情報までつかめないかもしれませんが、徐々に情報を集めるうちに、ご自身の移住についてイメージが具体的になってくるでしょう。
→「移住までの流れ」
→「住まいる★下関」移住総合窓口

Q2 下関市の相談窓口に行けない、都市圏に相談できる窓口はありますか?

東京・大阪にある、山口県の「やまぐち暮らし支援センター」へご相談下さい。各支援センターでは、県内のUJIターンの求職情報も相談できます。
東京都・有楽町「やまぐち暮らし東京支援センター」
TEL 03-6273-4887
相談時間 10:00~18:00
http://oidemase-t.jp/uji/
大阪府・梅田「やまぐち暮らし大阪支援センター」
TEL 06-6341-0755
相談時間 9:30~17:00
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a16100/oosaka/201603300001.html

Q3 お試し暮らし・お試し住宅はありますか?

お試し暮らし
まちなか暮らしと、いなか暮らし。どちらか1つを無料体験できます。 滞在宿泊費は無料です。
利用期間は1泊2日~4泊5日まで。
利用者は1人~5人までです。 (注)宿泊費を除く費用は実費
→下関市お試し暮らし体験プログラム
定住促進住宅
→定住促進住宅「豊北ハイツ」

Q4 求人情報を知りたい

移住総合窓口へ直接ご相談いただくか、山口県の「YYジョブサロン」でも県内全体の求職情報を提供しています。また、東京・大阪の、やまぐち暮らし各支援センターも同じ情報を提供しています。その他、ハローワーク下関へもご相談下さい。
→YYジョブサロン
→ハローワーク
(※「勤務地域」に下関市と記入して検索してください。)

Q5 下関市で起業したい

下関市では、新たに起業する方へ、企業資金の融資貸付制度、空き店舗を活用し新たに創業する方への補助金、安価で事務所を利用できる創業支援施設などがあります。
→「しごとを探す」-起業

Q6 農業を始めたい  漁業を始めたい

農業・漁業に就きたい方への支援制度やご相談対応などのサポート体制も整っています。
→「しごとを探す」-農業・漁業

Q7 移住に関する支援制度は?

移住に関する様々な支援制度があります。詳しくは下記のページをご覧ください。
→「支援情報」

Q8 下関市の生活、車は必要?

電車やバスが多く通る利便性が高い地域は、車が必要というわけではありませんが、下関市はスーパーや大型商業施設などで駐車場が整備されているところが多く、車を持っていると生活にとても便利です。 市の半分から北の地域では、電車やバスの本数が限られていますので、車をお持ちの方が便利です。

移住サポート

もっと知りたい下関

下関市職員募集
下関市地域おこし協力隊員募集

移住者のこえ

  1. 藤永さんイメージ
  2. 菊地さんイメージ
  3. 沖野さんイメージ
PAGE TOP
ページトップへ