移住・定住トピックス
2019.02.20

KBC朝日放送「ロンプク☆淳」に下関が登場!!

2月23日(土)のお昼12時~午後1時放送の「ロンプク☆淳」に下関が登場します!

とても濃い内容になっていて、下関移住に興味のある方はもちろん、
地元下関の方も楽しめると思いますので、是非ご覧になってみてください♪

↓↓↓番組内容↓↓↓

今回は「田村淳のいつかは福岡生活」
この企画で淳が何度も口にしてきた言葉、それは…「なんで下関に帰ってこないんだ!」
淳の地元、下関の人々からクレーム?だった。
さらに、なんと下関市長からの直々のオファーが!ということで、今回は淳の地元・山口県下関を巡る!

まず向かったのは、下関にOPENした「UZU HOUSE
東京で建築家として活動していた男性が、地元・下の魅力を発信したいと作ったゲストハウスだ。関門海峡の目の前に立つという最高の立地からは、淳も大興奮のパノラマビュー!
そして、淳が「今度からここに泊まりたい!」と口にした、超豪華スペシャルルームが登場!妻子を東京に置いて、単身赴任をしてまでゲストハウスを開いたオーナーの思いに触れ、淳が口にした言葉とは?

続いて向かったのは、山口で予約が取れない名店として人気急上昇中のフレンチレストラン。オーナーシェフはなんと淳と同じ彦島出身で、これまで取材はすべて断ってきたが、同郷の淳の為ならば!と今回は特別に取材を受けてくれた!
そして出てきたのは、淳も「下関にこんなお店がある事を誇りに思う」そう口にするほど心酔した料理の数々。
淳も知らなかった、下関の食材を使った絶品料理が続々登場!
まだ30代の若手シェフ。福岡や海外でも腕を磨いた彼が、なぜ下関でお店を開いたのか?
淳の質問に、オーナーが語った思いとは?

そして最後に向かったのは、下関駅から1時間の場所にある木工工房。
下関駅から約1時間ほどの地域で、「福岡の糸島みたいな場所を作りたい」と活動する作家・辻さんを訪ねる。彼の作品は、ロクロを使って器やカップを作る少し変わった木工挽物。
初めて目にするモノづくりに興味深々の淳。「本当は家のカトラリーをすべて木工で作りたかった!」と、さっそく娘のためのお皿づくりにチャレンジ。
淳もどんどんハマる、木工挽物の魅力に迫る。そして、集まってくれたのは、辻さんの作家仲間達。「多くの人々に助けられて今がある」辻さんが語った、下関の魅力とは?
そして、なぜこの場所に作家が集まるのか?その秘密に淳が迫る。

下関市職員募集
住まいる下関フェイスブックページ 開設しました
下関市移住特集記事
空き家バンク登録物件
下関市まる分かりマップ
下関市お試し暮らし

移住サポート

もっと知りたい下関

移住者のこえ

  1. 沖野さんイメージ
  2. 古谷さんイメージ

関連サイト

下関市シティプロモーション公式サイトバナー
下関市公式観光サイト楽しも!バナー
PAGE TOP
ページトップへ