移住・定住トピックス
2018.10.27

移住特集『そろそろ下関に帰ってこんかね』

全国の地方都市で最大の課題となっている人口減少。
下関市も例外ではありません。市の人口は1980(昭和55)年の約32万5000人をピークに減少を続けており、減少率も全国や山口県全体と比べ、大きいものとなっています。
現在の下関市の人口が約26万4000人。将来人口は、2040年に20万人を下回ると予想されています。さらに2060年には15万人を下回り、65歳以上の人の割合は41・5パーセントと予想されています。

Uターンが歯止めを掛ける

人口減少に歯止めを掛けるべく市が力を入れているのが移住・定住に関する施策。特にUターンの推進です。市の人口は徐々に減少していますが、その一方でUターンする人たちも多くいます。
「子どもや孫には、家や土地を継いでほしい。下関に帰ってきてほしい。でも、帰ってきてからの生活も心配で…。簡単には帰ってこいとは言いづらい」という方もいるのではないでしょうか。
しかし、実際にUターンされた方、また、新たに下関に移住をされた方からは、満足の声を聞くことができました。

自信をもって勧めてほしい。家族が安心して暮らせる町

移住相談窓口「住まいる★下関」の楠相談員に話を伺いました

「実は私をはじめ、4人の相談員は全員Uターンなんですよ」。

楠相談員は、地元の高校を卒業後、東京の大学に進学。その後、東京に本社を置くIT関連の企業で働いていました。そして3年前、定年を前にUターンしました。

「自分たちの経験から他都市との違い、生活面での比較などもご説明できると思います」

安心の町・下関

「私がUターンした理由としては、下関で1人暮らしをする母親が心配だったことと、関東で暮らしていた時に経験した東日本大震災ですね。下関に昔からの友達が多くいたのも理由の一つです」と楠相談員。「暮らしてみて、田舎過ぎず都会過ぎず、気候も温暖ですし、生活のしやすさを実感しています」
また、下関市は待機児童率の低さで中国地区で1位になっています。
「私の体感として地震も少ないですし、下関は家族全員が安心して暮らせる町だと思います」と楠相談員は話します。

年間で約73万円もお得!?

帰郷に際し、どうしても気になるのは収入面。「たしかに収入は減るかもしれませんが、その分家賃などが安いので支出も減ると思います」
大都市と下関市での生活収支を比較したモデルケースを見ると、家賃のほか社会保障費や税金などでかなりの開きがあることが分かります(右表参照)。「モデルケースですので一概には言えませんが、収入が減ったとしても生活は成り立つのではないかと思います」

両親からの相談も

「息子たちを地元に帰したいが、どうしたらいいか、という相談もありますね」と楠相談員。「家や土地などを継いでほしいと考える親御さんからの相談は増えています」
子どもたちには帰ってきてほしいが、具体的に何をしたらいいか分からない、という方もいます。「とっかかり、きっかけをご提案できると思いますし、現にそのような状況から、Uターンしたケースもあります」。また、「市の支援制度が利用できる場合もありますし、総合的なサポートができると思います。窓口の立地もいいので、気軽に相談していただきたいですね」

Uターンにご協力を

下関市では、移住促進に関するさまざまな施策を実施しています。しかしながら、思うような効果が出ていないのが現状です。移住の促進、人口減少などの問題は行政の取り組みだけでは解決できません。市民の皆さんの協力が不可欠です。
下関は歴史のある、暮らしやすい町です。下関に帰郷して良かった、移住して良かったという声もよく耳にします。
市外で暮らす子どもや孫がいる方は、自信を持って、下関へのUターンを勧めてみませんか。

「そろそろ下関に帰ってこんかね」

 


 

移住特集『そろそろ下関に帰ってこんかね』の全内容は、
下記の「市報しものせき2018年10月号」にてご覧いただけます。
楠相談員の他にも、実際に下関に移住した5名の方の声が掲載されています。

「市報しものせき」2018年10月号 PDF版
http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/contents/1537941160758/index.html

「市報しものせき」2018年10月号 テキスト版
http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/contents/1537940736432/index.html

「市報しものせき」2018年10月号 電子書籍版
https://www.yamaguchi-ebooks.jp/?bookinfo=shimonoseki201810

下関市職員募集
下関市移住特集記事
下関市まる分かりマップ
下関市お試し暮らし

移住サポート

もっと知りたい下関

移住者のこえ

  1. 沖野さんイメージ
  2. 菊地さんイメージ
  3. 藤永さんイメージ

関連サイト

下関市シティプロモーション公式サイトバナー
明治維新150年サイトバナー
下関市公式観光サイト楽しも!バナー
PAGE TOP
ページトップへ